ま~みんの日記
by mint-cherry
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ま~みんの一日
コンサート情報
留学生活 in Stuttgart
旅行記
以前の記事
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
お気に入りブログ
東京藝術大学オルガン科 ...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
大きなクリスマスプレゼント
at 2015-12-12 07:18
強行帰国!
at 2015-11-12 23:34
バンベルクでの演奏会
at 2015-10-18 23:45
バッハ・リスト国際オルガンコ..
at 2015-10-10 23:53
バッハ・リスト国際オルガンコ..
at 2015-10-02 23:14
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

大きなクリスマスプレゼント

ドイツにきて4年目のクリスマス。

クリスマス・マーケットと街のシュティフト教会
c0213668_7473792.jpg


シュトゥットガルトでの留学が始まって二か月もしないうちにドイツでの初めてのクリスマスを迎えたときのことを今でも鮮明に思い出します。
あの時は家がまだ見つかっていなくて、、、街にでて混雑しているクリスマス・マーケットの人ごみにもまれながら、家族みんなで楽しそうにしている人たちを見ては、「私の家族はどうしているかな・・・一緒にいられたら幸せなのにな・・・」なんてすこしさみしくも思っていたなぁ~と。
自分の家を見つけることやいろいろわからないまま進んでいく毎日に不安を抱えながら、この街に一人ぼっちな気持ちだったのだな~と思い出します。
あぁ・・・若かった023.gif


それに比べていまは・・・(笑)



街がクリスマス一色に染まり始めたころ、一本の電話。
シュトゥットガルトのシュティフト教会からでした。
「二週間後の教会でのコンサートにピンチヒッターで出られるか?」と。
コンサートで弾くはずであったオルガニストが病気とのこと。

え?二週間しかない上に、プログラムもクリスマスにちなんだものでないといけない。。。今から準備して大丈夫かな、わたし。。。と思いつつ、街で一番大きなシュティフト教会で演奏できるなんて幸せの大きさに負けて、お話をお受けしました012.gif
急いで家にある楽譜をあさってあさって。。。


プログラムがやっと決まって譜読みをはじめてしばらくたった木曜日。
いつもの門下の集まりに行くと、、、

「まみは再来週シュティフト教会で本番があるんだから、いまみんなの前で弾いときなよ!」とみんなに言われ、ドキッ!!!!

「ちょっっっと。。。今日は無理。。。かなぁ。。。」ともぞもぞしていたら、先生がみんなに、、、
「それは当日お金を払ってコンサートを聴きにいっておいで!」と!
・・・そういう問題じゃないんだけどーーー

。。。と一人必死に焦っている私でした。
こんなことであたふたしてては、まだまだだな、わたし。。。



毎年、クリスマスまでの一か月、毎日お昼の時間に開かれるシュティフト教会のオルガンコンサート。
毎日違うオルガニストの演奏を聴くことができるなんて、贅沢な時間です。

街の目抜き通りにはコンサートの旗(?)が掲げられ。
c0213668_803840.jpg



ピンチヒッターの私はというと。。。

「プログラム変更!
12月12日は長田真実が弾きます。
演奏曲目は以下です。。。(略)」

という紙を教会の入り口の至る所にペタペタと張られて、だれよりも目立っていました(苦笑)
c0213668_861820.jpg



インターネットのサイトにも、ピンチヒッターの演奏者だからと、特別私のプロフィールをのせてくださり、
演奏会前の司会者のあいさつでもご丁寧に私のことを説明してくださり。。。(^_^;)
なんだか私の方が恐縮でした(汗)
でも教会のスタッフの方々の温かい支えとお気遣いのもと、当日を迎えることができました♡
感謝です(>_<)


音大の先生と演奏会後のひととき
c0213668_8112489.jpg



そして聴きに来てくださったみんなとのひととき
c0213668_8174563.jpg




普段この街にいてもなかなか手の届かない楽器にこうして触れる機会をいただき、少しこの街で積み重ねてきた日々に思いを寄せる一日となりました。










c0213668_8181177.jpg

[PR]
# by mint-cherry | 2015-12-12 07:18 | 留学生活 in Stuttgart

強行帰国!

バンベルクでのコンサート翌日、フランクフルト空港へ!
大学始まったばかりなのに、日本へ帰国023.gif
夏はコンクール一色で音大にこもりっきりだったのと、これから最低一年は日本に帰れない事情もあり、強行的に帰国しました。。。
会いたい人がたくさん053.gif
いつもは帰国してもなかなか出不精な私なのですが、今回は。。。035.gif


3歳から一緒にヤマハに通っていた親友の結婚式に出席して、演奏させて頂いたり。
c0213668_6435936.jpg



9月に赤ちゃんが生まれた高校の同級生のお家にお邪魔したり。
c0213668_791937.jpg



実家に帰って両親との時間。
c0213668_711016.jpg



3歳からバレエのレッスンで一緒だった友達が素敵なカメラマンになっていて、写真を撮ってもらったり。
昔話に花が咲きすぎて、笑いが止まらず。。。
c0213668_8262410.jpg



東京にもどってからは。。。
青山お散歩していて見つけたビール祭り、オクトーバー・フェスト イン ジャパン(^_^;)
ドイツビール、日本で飲むと原価の4倍005.gif
そこから青山のキハチへ♡
c0213668_7161927.jpg



お魚、牡蠣、貝三昧(>_<)
あああああああ・・・・日本はいいなぁ(笑)
c0213668_7174061.jpg



オルガン科のみんなが集まってくれて上野で再会。
c0213668_7215147.jpg



そして日本で迎えた誕生日。
またひとつ歳をとりました032.gif
c0213668_7225888.jpg



お誕生日の翌日の飛行機に乗るはずが、まさかの前日にストライキで飛ばなくなったことがわかり、滞在が一日伸びて。これは神様からのお誕生日プレゼントだったのだろうか・・・

無事にシュトゥットガルトのお家に戻りました。
怒涛の日本滞在、大好きなみんなとの時間でたくさん充電できました。
ありがとう!!
[PR]
# by mint-cherry | 2015-11-12 23:34 | 留学生活 in Stuttgart

バンベルクでの演奏会

すっかり寒くなったドイツ。
あ~あ、もうダウンコート着ちゃってマフラーしちゃってブーツはいちゃって・・・002.gif
まだまだ寒くなるだろうに大丈夫かな・・・笑


前回、半年間日本に帰国していたときに出会ったドイツ人のオルガニスト、クリスティアン・シュミットさん。
彼はバンベルクの街のコンサートホール・オルガニストをしているのですが、なんとこの度そのホールでの演奏会に呼んでいただくことになりました。
日本では多くの大オルガンはコンサート・ホールにありますが、ドイツではやはりオルガンは教会にあるもの。
ホールにあるオルガンを触れる機会は貴重なのではないかな。


バンベルク Bambergという街はバイエルン州にあり、旧市街地は世界遺産に登録されています。
建物の壁をつたう葉が真っ赤に染まって。
c0213668_5565849.jpg



レグニッツ川沿いには漁師たちが住んでいた家が並び、小ヴェネツィア地区と呼ばれているそう。
お天気が良くなかったのですが、本番までの時間に旧市街をひとりで1時間くらいお散歩057.gif
c0213668_5593692.jpg




街中のたくさんのお店の窓にコンサートのチラシが・・・012.gif
ゆっくり観光してる場合じゃないんだった。。。二時間後には私は舞台の上でオルガンに座ってるんだった。。。032.gif
c0213668_683333.jpg





今回のコンサート会場。
バンベルクのフィルハーモニーを持つコンサートホール「ヨゼフ・カイルベルト・ホール Joseph-Keilberth-Saal」です。
c0213668_6131623.jpg



今回はリモート・コンソール(オルガン本体についている演奏台ではなく、本体から離れてステージ上において演奏できる演奏台)でも演奏することになりました。
お客さまがとても近いです(汗)が、オルガン全体の響きやバランスはステージ上で弾く方が演奏者本人もよく聴くことができます。
c0213668_6184359.jpg



この演奏会ではシューマン、レーガー、そしてこのバンベルクの地で過ごし作品を残したヴォルフルムの作品を取り入れ、すべてドイツ・ロマン派のプログラムに。
演奏前には舞台の上で簡単なインタビューもあり、そっちのほうがたじたじでしたが、主催者のクリスティアンの明るさと優しいフォローのおかげで、私の声をお客様にも届けることができて、感謝♡


アシスタントをしてくれたソフィアと。
c0213668_6262553.jpg



そして終演後はバンベルクのビールで乾杯068.gif
c0213668_6264875.jpg




私なりにとってもマイペースではありますが、ひとつひとつドイツでの経験が積み重なって、つながっていくこの瞬間の幸せとともに、再びシュトゥットガルトにもどります053.gif
[PR]
# by mint-cherry | 2015-10-18 23:45 | コンサート情報

バッハ・リスト国際オルガンコンクール(2)

二次審査で訪れたのは・・・

<アルンシュタットのバッハ教会>
若きバッハがオルガニストを務めたアルンシュタットという街のバッハ教会。
ここではバッハがこの街に住んでいたころに作ったコラール・パルティータやプレリュード、コラール作品を弾きました。
大きな楽器ではないけれど、なかなか音作りに苦労した楽器だったな~
c0213668_455256.jpg





<エアフルトの大聖堂>
どーんと街の中心にそびえたつ大聖堂。
ここでフランス古典とレーガー・・・042.gif
大きな空間の中、すんごい残響!
やっぱり音作りでバランスを図るのがとても難しかしい(>_<)
c0213668_534072.jpg





068.gifドイツはオクトーバー・フェスト(秋のビール祭り)、真っ最中068.gif
エアフルトのこの大聖堂の前にある大きな広場にも移動遊園地と出店がぎっしりで、毎日たくさんの人たちでにぎわっていました。
c0213668_523374.jpg

遊園地の乗り物がビュンビュン動き、それに乗っている人たちの「キャー!!」という絶叫が響きます(笑)
そんな人ごみの中をかき分けて静まりかえる大聖堂のなか、そしてコンクール本番。
何だか別世界でした037.gif
ビール祭りを楽しむ余裕も体力もなかったなぁ~032.gif



残念ながら本選へは進むことができなかったのですが、今回も素晴らしい仲間との出会い、歴史的オルガンとの再会の喜び、そして何よりもホストファミリーとの出会いに感謝の気持ちとドイツにも家族ができたような幸せで満たされて、シュトゥットガルトに戻る電車に乗りました。かならずまた再会しようね!と約束をして♡


コンクールで駆け抜けた夏休みはこれで終わり。
あああああ、もう大学始まってるじゃんー!!!!005.gif

音大に戻って久しぶりに門下のみんなと集まる時間。
先生がジルバーマン・コンクールのお祝いにとシャンパンを用意してくださっていて、みんなが乾杯でお祝いしてくれました069.gif
と、突然、みんながニヤニヤし始めて。
「マミ、来年のレーガー、コラール・ファンタジー全曲演奏会で弾く曲、もう決めておいたから!」と言われました・・・
ん?そんなコンサートをみんなでするなんて聞いてなーい。それに事後報告??(笑)

来年はレーガー・イヤーなんですね!
みんなで一緒に演奏会できるのはとても楽しみです。
また新しい気持ちで頑張らなくっちゃ060.gif
今在籍している課程(全4ゼメスター)の第2ゼメスターの始まり始まり。。。。。
[PR]
# by mint-cherry | 2015-10-10 23:53 | 留学生活 in Stuttgart

バッハ・リスト国際オルガンコンクール(1)

素敵なドイツ人家族に恵まれて過ごしながら迎えたコンクール。

バッハ・リスト国際オルガンコンクールではバッハとリストを中心にゆかりある歴史的楽器を巡りました。
その中でも興味があったのはヴァルタースハウゼンの市教会にあるとーっても弾くのが難しいオルガン、そしてバッハが若き頃にオルガニストを務めていたアルンシュタットのバッハ教会のオルガンなどなど。


一次審査ではそのヴァルタースハウゼンの市教会の楽器とエアフルトのプレディガー教会の楽器の二か所で行われました。

<ヴァルタースハウゼン市教会>

ヴァルタースハウゼンは4年前にも訪れたことがあり、オルガンも知っていましたが、なにせ足鍵盤が異常に広くて遠くて、そのうえ椅子の高さも位置も変えられなくて、私の足では最低音も最高音も普通の位置に座っていては届かなくて弾けなくて、苦労した思い出が強い楽器。そして手鍵盤も重くてガッシガシ弾かないとならないし、繊細なタッチなんて考えられなかった前回の感覚がずーっと手に残っていたのですが。(前回弾いたときの楽譜には「ガッシガシひく!」と書き込んだ記憶が・・・笑)
だからこそ、あえて4年を経た今の自分にはこの楽器の前に座ってどんな演奏ができるのか、どんな響きを作れるのか、とても興味があったのでした。
ここでバッハを弾くことができる幸せ。
c0213668_4264335.jpg



でも案の定、椅子に座ってみるとやっぱり楽器のサイズに大きなショック(笑)前回の思い出がよみがえってきて。
それでも。。。それでも。。。
鍵盤に触れて、響きを聴きながら弾いてみると、ガッシガシ弾くしかできなかった以前の自分とは全く違った感覚を得られて、「何だこりゃ??」と嬉しいショック!
難しいなかでも前よりも楽器と仲良くなり、少しは繊細なタッチでオルガンと会話できるようになったのかな。
もちろんここでのコンクール本番の恐怖はありましたが、それ以上に音作りの時間や自分の指先、足先の感覚で変わる音楽や響きを楽しむことができて幸せでした。

何かをしようと楽器にしがみついて頑張らなくても、楽器そのものが教えてくれることがある・・・まさにこれだと思わされた瞬間005.gif
歴史的オルガンはそんな発見や楽しみを与えてくれます。




<エアフルトのプレディガー教会>
パッヘルベルもオルガニストを務めていたこの教会のオルガンは、残念ながら昔の形としては残っていません。ここではリストとメシアンの作品を弾きました。
c0213668_4411120.jpg




まだ10月頭だというのに、一気に寒くなったドイツ。
はく息が真っ白で手がかじかむ中、ホストファミリーのお母さんが暖かいカイロをもって朝から応援に駆け付けてくれて。演奏を聴いてもらえて、私もとーっても幸せでした012.gif

つづく・・・
[PR]
# by mint-cherry | 2015-10-02 23:14 | 留学生活 in Stuttgart